50代 お洒落にいこうよ

好きなもの、好きなことのblog

#1 Tricker's / countryboots : "MALTON" marron antique brogue boots

f:id:damejanaika:20201221160732j:plain

  Tricker's / countryboots : "MALTON" marron antique brogue boots M2508

  

 今年は普通のライフスタイルに戻ればいいのですがまだまだ見えない敵に翻弄されつづけそうです・・・。今年は引きこもり推奨のお正月。ニュースでの初詣での一コマを見る限り感染拡大必至。それでもコロナに負けじと2021年初投稿のネタのため仕込んでました。

 

 雨にも負けず雪にも負けずガンガン履ける革靴を探し続け、数年前にたどり着いたのが JOSEPH CHEANEY & SON "CAIRNGORM 2R" (ケンゴン)です。グレインカーフにヴェルトショーン仕様そしてコマンドソールが琴線に触れ、しかも極めつけのエイジングの渋さ。そりゃもう憧れますわなぁ~。しかし "F" FITTING がどうしても妥協できず諦めるしかありません。

 

 そこで最近になって急浮上したのが Tricker's countryです。今更感がありますが温故知新ってやつです。建前はさておき、最大の理由は価格の安さ。並行輸入でケンゴンの半値以下は極めて魅力的。それに高校生の頃の憧れの革靴でもあり、金持ちの息子は大抵トリッカーズ、オールデン、ニューバランスを履いてました。コンプレックスだったのか?50過ぎて夢を実現させるのもいいじゃないかと購入決定。妻には散々「若い」と言われましたが無視。エイジングの成果を見せて黙らせるしかありません(って何年後?)。

f:id:damejanaika:20201221160743j:plain

  トリッカーズならカントリー。カントリーならブーツとベタな選択ですがこれが進むべき道(キッパリ)。サイドゴアと迷いましたが7アイレットでいくのも運命(意味不明)。カラーはどれも甲乙つけ難く一番悩みましたが考えること数分、マロンアンティークで決定。トリッカーズは痛みとの闘いで次第に靴の方から足に馴染んでくる(マジ?)と聞きますが・・・かかってコイヤー!と気合十分です。f:id:damejanaika:20201221160716j:plain

  MALTONには双子のSTOWというモデルも存在し、MALTONは輸出向けでサイズ表示がUSで、STOWが英国国内流通用でサイズ表記がUKとツウな事情がありますが今では昔の話し。現在では全く同じ仕様というらしいです。

 

 トリッカーズを網羅するには広辞林並みの膨大な情報量があると思いますのでショップの解説程度の知識で留め、追々深く調べてみたいと思います。頭でっかちにならず、トリッカーズの堅牢性と耐久性を味わってからでも遅くはないと思います。 f:id:damejanaika:20201221160738j:plain

  説明の必要もないフルブローグの7アイレットブーツ。差別化するために鳩目を真鍮のゴールドにしたりして別注を謳ったりしますがベタなブラック。ソールはコマンドソールを探してたものの価格で折り合わずダイナイトで我慢しました。なにせ付加ポイントを加味すれば3.3での購入ですからネ!新品で。

 

 さてアッパーですがキメの細かいカーフレザーを使ってますが少しばかり硬さを感じます。しかし堅牢性や耐久性を求めるならこのくらいの硬さは必要だなと納得。革はバーニッシュカーフが使用されているらしいですが特徴としては、摩擦により化学反応が起き表面の革の色が変わりツルツルになます。つまり履きこめば履きこむほど独特の色になって味わい深い質感になっちゃうわけです。またタンナーによって色の変わり具合も違うので興味があったら追いかけてみてください。

f:id:damejanaika:20201221160748j:plain

  これだけメジャーなカントリーブーツなので仕様などの説明は割愛します。

 

 一番関心があったは、ベンチメイドなのか?左右仕様が同じ靴なのかどうか(爆)。信じられないかもしれませんが並行輸入ものはメーカーの出荷検品が甘いので日本の検品レベルじゃあり得ないものが検品にパスするとかしないとか。john lobb とかは検品が厳しいのでご安心を。「シュータンの生地に違いがある場合がございます」とか注意書きがあるくらいですから箱を開けてビックリってことも(笑)。

 

 ベンチメイドなのかどうかはライニングに手書きで書かれた筆跡をみて判断するくらいすかできませんが左右同じ字体。丁寧に書かれた筆跡でした。箱書きは筆跡が違いましたがそんなもんです。

f:id:damejanaika:20201221160727j:plain

 

f:id:damejanaika:20201221160757j:plainf:id:damejanaika:20201221160752j:plain

 

f:id:damejanaika:20201221160803j:plain

 ケンゴン2Rを諦めた理由は FITTING "F"という難問をクリアできなかったことです。malton も FITTING "5" = "E" 相当なのでやはり大きいのですが「ガン履き用(今作った造語です)」なので妥協しました。ハーフサイズ落としてという手段もありますが苦痛の日々が脳裏に浮かび断念した次第です。また "D"でパターンオーダー(できるのか?)は選択肢にはありませんでした。対応策としてインソールで補ってみたいです。それとシューツリーで安いのを買ってみようと思います。

f:id:damejanaika:20201221160722j:plain

  お気に入りは蝋引き丸紐(そこかい!)。皺ひとつない新品の状態なので違和感がありますが気が長いエイジングの始まりかと思うと身も心も引き締まる思いです(嘘!)。履き下ろす前に乾燥気味のアッパーにプレメンテほどはいかないもまでの潤いを少し与えたいと思います。